一般社団法人日本超音波骨軟組織学会  Tha Japanese Society of Bone and Muscul Ultrasound

本学会へご入会されてから「臨床運動器系超音波技師認定試験」受験までの流れ



1、スタート:日本超音波骨軟組織学会へのご入会

中級編の受講と認定試験受験には、医療系の国家資格を持つ正会員であることが条件となります。


2、参加ポイント(14ポイント)の取得

  参加 発表
学術総会(全国大会) 4 +8
学術集会 2 +6
ハンズオンセミナー 2 +2
  原著論文 研究ノート
学会誌 14 10

・学会誌論文掲載(原著論文):14ポイント
・学会誌論文掲載(研究ノート、短報):10ポイント
・学術総会/全国大会     参加:4ポイント    発表:+8ポイント
・学術集会/支部学術集会   参加:2ポイント    発表:+6ポイント
・超音波ハンズオンセミナー  参加:2ポイント    発表:+2ポイント
※3年間の累計ポイントが対象となります。
※3年以上継続して本学会の正会員である事が認定試験受験要件、中級編受講要件となります。


3、中級編受講申し込み(※希望者)

<受講の基礎的条件>
・医療系国家資格・前年度より継続して正会員・3年間の参加ポイントが14ポイント以上
・超音波診断装置を所有していること、ないしは日常的に使用できる環境にいること。
・パソコンとワード及びパワーポイントの使用環境を用意できること。
・超音波画像をパソコンに取り込める(データ化できる)環境を用意できること。
・パソコンのE-mailで情報のやり取りが可能な環境を有していること。

4、中級編の受講(※希望者)

・1泊2日のカリキュラムで構成。
・中級編修了レポート(抄録形式)の提出後、査読員による査読を実施。合格の者に対して修了とする。

5、基礎運動器系超音波技師認定試験受験

<受験の基礎的条件>
医療系国家資格・2年以上継続して正会員・3年間の参加ポイントが14ポイント以上

6、フォローアップセミナー(※希望者)

<受講条件>
「基礎運動器系超音波技師」の認定資格取得者 ※参加費¥7,000

7、臨床運動器系超音波技師認定試験受験

<受講の基礎的条件>
・「基礎運動器系超音波技師」の認定資格を取得し2年以上経過した者
・基礎運動器系超音波技師の認定資格を取得した後、全国大会、支部学術集会において
 1回以上の研究発表、症例報告を行ったもの
・フォローアップセミナーに参加経験が有るもの


入会から「臨床運動器系超音波技師認定試験」受験までの流れのまとめ

日本超音波骨軟組織学会 〒305-0853 茨城県つくば市榎戸748-2沼尻産業ビル3階 Tel 029-838-0884 Fax 020-4669-0176

Copyright©Japanese Society Bone and Muscle Ultrasound.All rights reserved.