一般社団法人日本超音波骨軟組織学会  Tha Japanese Society of Bone and Muscul Ultrasound

〈 JSBM認定 〉 臨床運動器系超音波技師



1.受験資格

○ 本学会の正会員であること
○ 基礎運動器系超音波技師の資格試験を取得し、2年以上経過したもの
○ 基礎運動器系超音波技師の資格試験を取得した後、全国大会、支部学術集会において1回以上の研究発表、症例報告を行ったもの
○ フォローアップセミナーに参加経験が有るもの
以上の4つ全ての条件を満たしたものに受験資格を認める。

2.試験方法


○ 客観的臨床能力試験(OSCE)にて行う
○ 試験官、患者役は理事、認定講師が行う
○ 健常者をモデルとして、試験官が指定する6箇所について、それぞれの箇所の情報(性別、年齢、受傷機転、臨床所見など)をもとに、(試験官に口頭で説明しながら)問診、触診、視診、徒手検査および鑑別を行い、走査実技と各種検査結果の説明を模擬的に行う
○ 描出する6箇所については、難易度の高い部位2箇所、中程度の部位2箇所、低い部位2箇所とする
○ 試験時間は、1箇所6分以内とする

3.受験料

1万5千円

4.採点方法

○ 理事、認定講師が試験官、患者役を担当し、2人の試験官の協議により採点する
○ 挨拶や身だしなみ、話し方など、医療に携わる者として一般的なことについても採点を行う
○ 口頭での説明については、問診、触診、視診、徒手検査、鑑別の方法。   観察肢位、ランドマーク、描出している画像についての組織の解剖名、臨床上重要なポイント、診察の結果説明などについて採点を行う

5.合格基準

出題された6箇所について、レベル別全体で70%以上出来たものを合格とする。
(注)臨床を問う試験であるため、必須描出部位などの試験詳細の案内を出し、60%以上を描出できる事を条件とする。

6.認定料

1万円
○ 合格された後、学会ホームページに会員番号・名前・住所地・所属名称(希望者のみ)を掲載。
  他、初回のみ額付きの認定証を発行。

7.試験期日

学術総会(全国大会)、支部学術集会に併せて、大会の前日または当日に行う。

試験内容

・試験官、患者役は理事、認定講師が行う。
・試験官が指定する、レベル低・中・高のブースに分かれて開催。
・試験問題は、試験官にペーパーで配る。
・設問は各2問とし、1問終了時にブースを移動する。
・学術部で事務局に提出してある(臨床超音波技師試験採点表・設問表)
・資料から、担当ブースの試験官が口頭で説明する。
・試験時間は、1問 6分以内とする。
・時間配分の例
患者状況説明 15秒 自己紹介~徒手検査 2分15秒
エコーの実技~患者説明 3分30秒

※ 試験の申し込みを完了された者には、試験の詳細について案内する。



資格更新基準


臨床運動器系超音波技師資格の有効期間、更新基準などについては『JSBM認定 基礎運動器系超音波技師資格 更新基準』に定めたものに準ずる(有効期間3年間)。
ただし、「更新料および認定証」の項目は除く。

■更新料および認定証

更新料:8千円(振込みが確認でき次第、新たな認定期間が記載された認定証を発行する。)

日本超音波骨軟組織学会 〒305-0853 茨城県つくば市榎戸748-2沼尻産業ビル3階 Tel 029-838-0884 Fax 020-4669-0176

Copyright©Japanese Society Bone and Muscle Ultrasound.All rights reserved.