一般社団法人日本超音波骨軟組織学会  Tha Japanese Society of Bone and Muscul Ultrasound

第42回 東日本支部学術集会 <東京> Web開催のお知らせ


こちらは2022年2月20日開催分の内容となります。

一般社団法人 日本超音波骨軟組織学会では、来る2月20日(日)午前10時20分より、オンラインによる東日本支部学術集会 <東京>を開催いたします。
なお、Webを用いたセミナーですので不測の事態が生じる事もございますが、その際はご容赦くださいます様よろしくお願い申し上げます。

Web開催となる今回の基調講演には、昨年の7月にもご講演をして頂きました、さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究 先生です。斎藤先生には今回もLIVE配信にてご講演いただく事となっておりますので、基調講演の後にはパネリストをはじめ、参加いただく会員皆様からの質問にご回答していただきます。

斉藤先生は、前回にもご紹介させて頂きました通り、リウマチ専門医であると同時に外傷はもちろんのこと、日常診療で多く遭遇する運動器の痛みのスペシャリストでもあられます。トリガーポイントとアナトミートレインをベースとして患者さんの触診にあたっており、トリガーポイントへのハイドロリリースなどの治療を行っておられます。

多数の著書の中の一つであります『あなたも名医! 運動器エコー 痛みの臨床〜真剣勝負! エコー侍の技の数々』では、運動器エコー道をストイックに探求するエコー侍の一人としてご執筆され、ご活躍されております。

前回のご講演後、「都合が付かず受講できなかったので、もう一度お願いします」「一度では分からなかったので、もう一度先生の話を聞きたい」など、多くの再講演のリクエストがありました。待望のご講演となります。

今回の基調講演では、前回と同じく『運動器エコー 痛みの臨床』と題し、10年に渡るハイドロリリースによる運動器の疼痛治療のご経験を、症例を供覧いただきながら前回のご講演内容を更に深くお話しいただきます。

今回初めて斉藤先生のご講演を受講される方はもちろんのこと、前回受講された方も聞き逃したところを復習する良い機会です。更に貴重なお話が拝聴できることでしょう。奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

昼食を挟み、午後からは東日本支部の会員3名による発表となります。
それぞれが身近な課題や疑問を起点に、自身の臨床現場でのデータ収集を積み重ね、深く考察し、検討を重ねた結果を持ち寄ります。
今回は、パワーポイントを用いたLIVE形式での発表となり、発表後には対面での開催と同様に、受講者の方々やパネリストからの質問にも応対して頂きます。


≪参加申込み開始日時≫ 2022年1月20日(木) 15:00 ~

参加申し込みフォーム

(参加申し込み日時になり次第、JSBMホームページにある『参加申込みフォーム』の入力が可能となります)

オンライン開催では、通常開催と同じく参加Pointを2Point、本会認定資格の更新単位を6単位の付与と致します (通常開催が再開されるようになった場合は、ウェビナーで取得できる参加Pointおよび取得単位が変更となる場合があります)。


≪受講方法≫(参加申込み方法、ご参加の流れ)

※ZOOMを用いたウェビナーとなりますので、ZOOMアプリのインストールが必要となります。

  1. ① JSBMホームページに掲載の〝ウェビナー申込みフォーム〟より参加申し込み。
  2. ② 事務局から『参加申込みの受理メール』を受け取り後、参加費のご入金。
  3. ③ 事務局より参加費の入金確認メールと共に、該当するウェビナー受講の『ウェビナー登録』URLを取得し、
      該当するウェビナーへの事前登録。
  4. ④ 該当するウェビナーの事前登録後、開催当日の入室に必要な参加URL(ここをクリックして参加)を取得。
  5. ⑤ 受講する際に用いるデバイスのカメラとマイクのチェックを行う。
  6. ⑥ ウェビナー開催の開始5分前までに、参加するURL(ここをクリックして参加)を押し入室。

⑤までをウェビナー開催の前日までに終えてください。 開催当日のウェビナー登録(③)は、原則として受け付けません。予めご容赦ください。


≪注意事項≫

本会で実施しているウェビナー(Webセミナー)の動画や画像等が、万が一、録画、撮影等による不正行為、また流出等が発覚した場合には、今後、講師や演者からのご協力がいただけなくなる他、損害賠償などの訴訟問題に発展する可能性があります。 また、不正の当事者となる場合は、個人への責任は免れない可能性もありますので、会員の皆様に於かれましては、くれぐれも不正行為をしないよう改めてお願い申し上げます。

ご使用されるPC等にはマイク、カメラの環境(ノートPC内蔵のカメラ等)が必要となりますので、ウェビナー前日までに必ず使用される機器をご確認いただき、Zoomの動作確認をした上でご参加ください。
Zoomの事前テスト方法 (http://zoom.us/test)

マイクおよびカメラに関しては、原則として必須とさせていただいておりますが、参加される方々の映像に関してはホスト(座長および講師)以外には公開されません。ただし口頭による質問の際には公開されることもあります。非申込者の参加防止の観点からカメラをご準備していただく主旨となっておりますので、どうぞご理解ください。

録音、録画に関しては固くお断りさせていただいております。

お申込みされた本会の会員以外の方が、ウェビナー参加者とともに同一施設や同一デバイスで閲覧することはご遠慮ください。(お申込みされた本学会会員であれば結構です)

≪参加申込み開始日時≫ 2022年1月20日(木) 15:00 ~

参加申し込みフォーム

第42回 東日本支部学術集会(東京)Web開催 日程表

10:20 ~ 【開会の辞、オンライン開催による注意事項等の説明】
曽山良之輔 大会長・理事(新潟県)
【会長挨拶】
山田直樹  学会長・理事(愛知県)
10:30 ~ 【基調講演】
座長:對馬雅彦 東日本支部長・理事(茨城県)

『運動器エコー 痛みの臨床』

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤 究 先生

≪要旨≫
10 年前に開業して以来、トリガーポイントとアナトミートレインをベースとして患者さんを触診し、注射治療を行ってきました。最近では麻酔効果を持たない生食や点滴用液を局所に注射することで、痛みや可動域が改善するハイドロリリースが注目されており、神経根~末梢神経、筋膜を剥がすことによる効果が注目されていますが、私自身は筋実質内のトリガーポイントへのハイドロリリースを頻用しており、同様の効果を得ています。
究極の局所療法であるエコーガイド下注射治療はどこをほぐすか、というリリースポイントに注目をしがちですが、大切なことは問診・視診・触診でそのポイントを絞り込む技術です。姿勢と動きを見て、痛みの出る動作を再現し、患者さんが痛みを感じている部位とそこにストレスをかけている部位を見抜くことです。その上で触診により圧痛や組織の硬さを触り、それが神経なのか筋なのか、結合組織なのかをエコー下に見分けることが必要です。 今回の講演では、10 年で経験してきた様々なハイドロリリースによる症例を供覧しながら、皆さんと運動器の痛みについて考えるたたき台になれば幸いです。

パネリスト:山田直樹、山本幸治、新井達也、矢島勇、徳田仁志
12:00 ~ 【質疑応答】
12:30 ~ 【昼食休憩】
13:30 ~ 【会員発表】
座長:新井達也 理事(埼玉県)
パネリスト:山田直樹、矢島勇、徳田仁志

1 )「側臥位における股関節後方走査法の検討」
   大窪 一勢(長野県)

2 )「足関節 関節血腫,水腫の描出方法の検討」
   川村 大貴(茨城県)

3 )「肘関節の加齢性変化の観察‐より実践的な超音波観察の為の解剖学的検証‐」
   平川 敬史(長崎県)
14:30 ~ 【閉会の辞、連絡事項】
對馬雅彦 東日本支部長・理事(茨城県)

事情によりプログラムの一部が変更される場合があります。予めご了承ください。

トライアルウェビナーの様子



≪概要≫

開催名称 第42回 東日本支部学術集会 <東京> Web開催
日時 2022年2月20日(日) 10:20 ~ 14:30
会場 本セミナーはオンライン開催となり、zoomを使用して実施します。
お手持ちのPC、タブレットまたはスマートフォンよりご参加ください。
参加対象 一般社団法人 日本超音波骨軟組織学会 会員
参加方法 お申込み後、参加受理とする方に対しメールをお送りします。続いて参加費のご入金を確認した後、該当するウェビナーの事前登録URLをメール致しますのでご登録ください。ウェビナーの事前登録を済ませて頂いた後、開催当日に入室する為のURLをメール致します(なお期日内にご入金が確認できなかった際には申込は取消とさせて頂きます)。
詳しくは上記案内の≪受講方法≫をご確認ください。
参加費 学会会員・セミナー会員 \5,000 (振込手数料除く)
学生会員 \3,000 (振込手数料除く)
※Web開催に限り、認定資格による参加費割引等は適応されません。
※通常時のウェビナー料金と異なりますのでご注意ください。
定員数 定員数は定めませんが、参加枠には限りがございますのでお早めにご検討下さい。
申込日時 1月20日(木)15:00 ~ 2月17日(木)15:00
入金締切日 2月18日(金) 15:00まで
基調講演
紹介
斉藤 究(さいとう きわむ)
【経歴】
1999年
 国立浜松医科大学卒
 国立国際医療センター 内科研修医
2001年
 東京災害医療センター 救命救急レジデント
2002年
 刈谷総合病院 整形外科
2006年
 名古屋医療センター 整形外科リウマチ科
 名古屋医療センター 卒後教育研修センター指導医
2010年
 Los Angeles Veterans Affairs hospital留学

2011年5月10日さいとう整形外科リウマチ科を平和が丘に開院

【資格】
•日本整形外科学会専門医
•日本リウマチ学会専門医
•日本内科学会会員
ご注意 ≪以下に、ご了承の上でお申し込みください≫
  • お申込みを受理とされ参加費のご入金を済ませた方に対し、E-mailにて該当ウェビナー事前登録のメールをお送りいたします。事前登録を済ませて頂いた後、当日に入室する為のURLをメールします。
  • ご入金後のキャンセル及び欠席分の受講料返金には応じる事は出来ません。
  • 受講は申込者のみとなり代理受講、および非申込者を含む複数での受講はできません(受講申込者での複数受講は可能です)。
  • セミナー全ての静止画/動画撮影、録音は禁止です。
  • セミナー全ての文言・画像において無断での転載・複製・複写は禁止です。
  • 必ず前日までに機材の事前準備・確認をしてください。
  • 機材の不具合等により正しく試聴できない場合等の補償はございません。
  • 一人の参加者が複数のデバイス(例:windows と Mac)で接続することはできません。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内を配信できない場合がございます。予めご了承ください。
  • 会員外のお申し込みはお断りしております。予めご了承ください。
  • セミナー内容と講師は予告なく変更になる場合がございます。
お申込み方法
  1. JSBMホームページに掲載する『お申込みフォーム』よりお申込ください。
  2. お申込みを受理された方に対し、受理確認メールをお送りさせて頂きます。
    事務局からの『お申込み受理メール』を受け取り次第、参加費のご入金をお願い致します。
  3. 参加費のご入金を確認された方に対し、メールにて該当ウェビナーの事前登録URLをメールさせて頂きます。 ウェビナーの事前登録を済ませて頂いた後、当日に入室する為のURLをご案内させていただきます。
ご入金先
(参加費)
☆銀行からお振込によるご入金
金融機関名:ゆうちょ 銀行(金融機関コード9900)
支店名  :〇一九 店(店番号019)「ゼロイチキュウテン」
預金種別 :当座
口座番号 :0444852
受取人氏名:イッパンシャダンホウジン ニホンチョウオンパコツナンソシ キガッカイ

☆郵便振替用紙によるご入金
郵便振替口座番号:00130-4-444852
加入者名    :一般社団法人 日本超音波骨軟組織学会

郵便局に備え付けの郵便振替用紙に振込先・住所氏名・金額・振込み内容などをご記入の上お振り込み下さい。

☆PayPal(クレジットカード)でのお支払い
お支払いは、ホームページに掲載されている「今すぐ購入」ボタンをクリックの後、最後にショッピングカート画面でチェックアウトボタンをクリックすると決済ができます。

PayPalでのお支払いには、PayPalの会員登録(アカウント)が必要となります。PayPalのご利用方法については、PayPalのホームページ(日本語公式)をご覧ください。 この処理に際して知り得たいかなる個人情報についても、本学会運営以外の目的には利用致しません。

2月20日(日)第42回 東日本支部学術集会(Web開催)
会員¥5,000(手数料¥228) 学生会員¥3,000(手数料¥153)
品目 料金 購入ボタン
第42回 東日本支部学術集会
(Web開催)
各会員 
¥5,228
学生会員 
¥3,153

2022年度開催の参加費に関しては以下の通りとなります。

・JSBMウェビナー(オンラインセミナー)
参加対象は会員のみ(会員外の方は参加できません)。 学会認定の有資格者による参加費特典は適用されません。
会員(学会会員、セミナー会員)\3,000   学生会員 \1,000

・学術集会、学術総会(全国大会)ハイブリッド開催
会員外の方は対面参加のみ参加可能です(オンラインでの参加は出来ません)。 対面での参加のみ、学会認定の有資格者による参加費特典が適用されます。 オンライン参加では、教育セミナー(実技講習)の視聴は出来ません。

【対面参加】
会員(学会会員、セミナー会員)\3,000   学生会員 \1,000
会員外 \18,000

【オンライン参加】
会員(学会会員、セミナー会員)\3,000   学生会員 \1,000
注:オンライン参加の場合は、基調講演と会員発表のみの視聴となり、実技講習は視聴できません。

・フォローアップセミナー ハイブリッド開催 学会認定の有資格者のみが対面での参加が可能となります。 オンラインでの参加対象は会員のみ(会員外の方は参加できません)。 学会認定資格者でもオンラインによる参加は可能です。 オンライン参加の場合は基調講演のみの視聴となり、実技講習は視聴できません。

【対面参加】
会員(学会認定資格者)\7,000

【オンライン参加】
会員(学会会員、セミナー会員)\5,000   学生会員 \3,000
注:オンライン参加の場合は基調講演のみの視聴となり、実技講習は視聴できません。

≪ご注意≫

事務局からの『お申込み受理メール』を受け取り次第、参加費のご入金をお願い致します。 入金内容を把握するべく、〝開催名 ご氏名〟とご入力の上、上記口座までご入金ください。

お問い合わせ先 (一社)日本超音波骨軟組織学会 事務局
TEL:029-838-0884
営業時間:月曜日~金曜日(午前9時~午後12時/午後1時~午後5時30分)
メールでのお問い合わせはこちらから

≪参加申込み開始日時≫ 2022年1月20日(木) 15:00 ~

参加申し込みフォーム

日本超音波骨軟組織学会 〒305-0853 茨城県つくば市榎戸748-2沼尻産業ビル3階 Tel 029-838-0884 Fax 020-4669-0176

Copyright©Japanese Society Bone and Muscle Ultrasound.All rights reserved.